歯列矯正のススメ

歯列矯正を始めるにあたって大切なこと

自分の歯並びに大きなコンプレックスを感じ、人前に出ることや笑うことに抵抗を感じてしまっている方もいると思います。
そのような方の悩みを解消する方法の一つとして歯列矯正があります。
歯列矯正といってもその種類や方法は様々で、ワイヤーやブラケットといった装置を使う方法からワイヤーを使わずマウスピースを用いる方法、目立ちにくさにこだわって裏側にブラケットをつける方法などやり方はいくつかあります。
いずれも治療期間や痛みの有無には個人差があり、それぞれの方法にはメリット・デメリットがあります。
したがって、矯正を考えている方はまず専門の歯科医院に相談し、その医院が数ある方法のうちどのやり方で矯正を行っているのか治療期間はどの位なのか相談してみることをおすすめします。
基本的に保険がきかず自費治療になるのでお金がかかりますし、歯を機械的に動かすため多くは年単位での治療期間が必要となります。
治療途中でやめてしまうと理想とする歯並びを得ることはできませんし、明確な目標がないと長い期間治療を継続することは難しいと思います。
矯正を考えている方は最終的なゴールを目標に、納得したうえで治療をスタートすることが大切です。
一緒に頑張ってくれる歯科医院をぜひ探してみてください。

今からでも遅くない?歯列矯正のススメ

器具を使って歯の位置を動かし、美しい歯並びを実現させる歯列矯正。
ひと昔前には「八重歯はチャームポイント」と言われたこともありましたが、最近では歯並びが全身の健康に及ぼす影響が科学的に証明されたり、美しい歯並びを良しとする欧米の価値観が日本でも一般化したことにより、大人になってから歯列矯正を始める人も増えています。
「矯正はしたいけど、仕事で毎日たくさんの人と会うので矯正器具が目立つのは恥ずかしい…」そんな人のために、より目立たない矯正方法もさまざま開発されています。
その一つが舌側ブラケット矯正です。
通常、歯の表側に付くブラケット(金属の矯正器具)を歯の裏側に付けることにより、矯正中であることが目立ちません。
また自分で着脱が出来る透明マウスピースを利用した矯正では、矯正器具が目立たないほか、歯のお手入れがしやすいので虫歯のリスクが軽減されるというメリットもあります。
しかし、これらの矯正方法では費用やコストが通常の方法より多く必要になったり、抜歯を必要とするような大掛かりな矯正には向かない場合もあります。
歯列矯正に興味のある方はそれぞれの方法に伴うメリット・デメリットを十分理解し、歯科医師に相談した上で方法を選択しましょう。

Favorite

芸能人も利用している美容整形外科!全国展開している安全安心の医院です。

美容整形

実家の整理や片付けのお手伝いもいたします。

新宿区 遺品整理

理容師向けのプロシザーを取り扱う、飛燕シザーは日本のシザーブランドのホームページです。

美容はさみ

最終更新日:2017/11/2